安心・信頼・いいお店くらしの中の生衛業

■ PHOTOギャラリー

ホットトピックス

経営相談員会の令和元年度(第46回)の定期総会を開く

当指導センター内に設置しております滋賀県生活衛生営業経営相談員会(宮城豊治郎会長)の第46回定期総会を、令和元年7月1日(月)に大津市のロイヤルオークホテル会議室において開きました。来賓として滋賀県生活衛生課の奥田課長、平田主査、日本政策金融公庫大津支店の橋本統轄、同じく彦根支店の桑島統轄、宇野理容生活衛生同業組合理事長、上田すし・料理生活衛生同業組合理事長の出席をいただきました。議長には廣瀬相談員、副議長には村井相談員がそれぞれ選任され、議事は事業報告や予算計画、規約の改正等について慎重審議のうえ原案どおり可決決定しました。

総会の模様

宮城相談員会長

奥田県生活衛生課長

橋本公庫大津支店統括

桑島公庫彦根支店統括

片岡指導センター理事長

感染症対策について熱心に研修

生衛業における最近の感染症予防等について、経営相談員や各生衛組合役員等を対象として、令和元年7月1日(月)に大津市のロイヤルオークホテル会議室で滋賀県薬務感染症対策課の福山副主幹および日本たばこ産業(株)リレーション推進部の竹内課長を講師に研修会を開催しました。

本年度は、
「うつらない、うつさない」ための生衛業における感染症対策として、はしか、風疹、結核などの新興、再興感染症について予防のポイント等を学習し、生活衛生関係営業者として感染所を予防していく上で大変有意義な研修となりました。

また、「生衛業の受動喫煙防止対策について~なくそう!のぞまない受動喫煙~」について改正健康増進法についても学習しました。

研修風景

講師の福山副主幹

講師の田中課長

感染症と受動喫煙の研修会にお越しください

「うつらない、うつさない」を合言葉に、生衛業における感染症予防について、県内の生衛業者等を対象として研修会を開催します。希望される方は下記まで申し込み下さい。一般県民の方で関心のある方もぜひご聴講下さい。
◇と き
令和元年7月1日(月) 午後2時20分~3時15分
◇ところ
ロイヤルオークホテル 1F研修室「ラベンダー」
大津市萱野浦23-1 TEL:077-543-0111
◇テーマ
①生衛業における感染症(はしか、風疹、結核等)対策について
②受動喫煙防止対策について
◇講 師
①滋賀県薬務感染症対策課 担当者
②日本たばこ産業 担当者
◇定 員
60名(先着順)受講料は無料
◇申込先
e-mail:shigacenter@seiei.or.jp
TEL:077-524-2311
(前日までにメールか電話で、お名前・人数・電話を連絡願います)
◇主 催
公益財団法人 滋賀県生活衛生営業指導センター
◇共 催
滋賀県生活衛生営業経営相談員会

昨年の研修会より

生衛業向け 生産性&効率アップ必勝ガイド

◎こんなことに困っていませんか?
・従業員のスキルややる気が低い
・売り上げが減っている
・サービス提供に時間がかかっている
・作業のミスやロスが多い
・新しいお客様が増えない
ガイドラインを使って悩みや問題を整理しましょう!

詳細はこちらをクリック

今年も応援します滋賀カフェの学校!実習店「66CAFE」にお越しください!

カフェを新規開業したい方を対象に、日本政策金融公庫の大津支店(橋本元気支店長)彦根支店(桑島新之助支店長)では、今年も「滋賀カフェの学校」を開催しており、今回も女性限定で、講義(2回)と実習(3回)の計5回の講座により必要な知識を学ぶとともに、実習店舗においてカフェの運営や経営等の体験ができるという実践型の学校です。今年も6名の申込みがあり、すでに講義(座学の5月31日と6月3日)を終えたところです。この後、別紙のパンフレット「66CAFE」のとおり、この6名の方がいよいよカフェの実習点の運営を3日間されますので、お店でアドバイス等を頂ければとのことです。是非お越しください。
◇実習店オープン期間
令和元年6月15日(土)~16日(日)
両日とも11:00~15:00営業
◇実習会場
東近江市佐野町北川織物工場内「ファブリカ村」(JR能登川駅より徒歩15分)
◇主催
日本政策金融公庫大津・彦根支店 湖東信用金庫
◇共催
公益財団法人滋賀県生活衛生営業指導センター
滋賀県喫茶飲食業生活衛生同業組合

◇実習店のパンフレットはこちら

◇今年のカフェの学校のあらまし

「なくそう! 望まない受動喫煙。」

2018年7月、健康増進法の一部を改正する法律が成立しました。多くの人が利用する全ての施設において、原則屋内禁煙となります。改正された健康増進法は、2020年4月1日から全面施行されます

サイバー犯罪について『滋賀県警察からのお知らせ』

滋賀県警察本部(生活安全部サイバー犯罪対策課)では、ゴールデンウィーク等の長期休暇中や、業務に追われがちな長期休暇明けには、企業等を狙ったサイバー攻撃やウィルス感染なと不測の事態が発生するなど、ますます増加し巧妙になっているサイバー犯罪に対しての注意喚起を呼びかけております。生衛業者の皆様、重大なリスクを引き起こさないよう常に対策を怠らないようにして下さい。

◇詳しくは

台湾からのインターンシップ学生が滋賀のホテルで活躍中です
(鐘井 中小企業診断士から記事提供)

中央の女性がフロント業務でも活躍の楊湘瑩さん

本年(2019年)3月7日から台湾の致理科技大學・応用日本語学科4回生の「楊湘瑩さん」が9月まで、滋賀県の甲賀市土山町にある宿泊施設「かもしかリゾート」でインターンシップ研修生として勤務しています。現在、日本にはアジアからの研修生が数多く来日していますが、台湾からの人材は日本語が流暢で親日的で親しみやすく、優秀な人が多いことで知られています。

彼女も高校生の頃から日本語を学び、日本語検定N2の資格を持つ学生です。また、致理科技大学は台湾の実業界で役立つ人材育成についての評価の高い大学です。

同施設への着任までの過程では大学での来日前教育や面接、同社へのビデオメッセージ作成、林初広社長(株式会社かもしかリゾート)とのラインを使用しての面接などがありました。

彼女の同施設へのインターンシップ応募の決め手となったのは①寮費が無料、②昼・夜の食事付き、③勤務先立地環境の良さでした。

彼女の職場での働きぶりについて同施設の林佑磨氏にお聞きすると①仕事の理解度が早い、②日本語での帳簿記録作成も担当してもらっているとのことでした。

当初は、日本の標準語を話さない(関西弁の)お客様へのとまどいも少しあったようですが、それも徐々に慣れてきているとのことです。また、他の日本人従業員とのコミュニケーションが円滑なことが仕事を担当していく上で重要な要素といえそうです。

本年4月より日本企業での外国人の勤務可能形態として「特定技能制度」がスタートすることになり、従来の就労ビザでの勤務、技能実習生研修、インターンシップ研修に加えて、いずれか4つの形態での勤務が可能になり、選択肢が増えることになっています。

しかし、フロント業務などお客様と直に接する業務では高いコミュニケーション能力が求められますので、「直接就労ビザで外国人人材を雇用する」か、今般のように「海外大学生のインターンシップ制度を活用しての研修・その後の直接雇用への進展」の方が企業の提供するサービスの維持や向上に適していると思われます。(日台中小企業交流促進協会:鐘井輝)

これまで下記の県下約50校で生衛業の出前授業を実施しました

大津市
仰木小学校
平野小学校
瀬田北中学校
真野中学校
東大津高校
草津市
草津第二小学校
高穂中学校
立命館大学
守山市
小津小学校
河西小学校
栗東市
金勝小学校
大宝小学校
葉山小学校
三上小学校
野洲市
野洲小学校
祇王小学校
北野小学校
三上小学校
中主中学校
湖南市
三雲小学校
甲賀市
大原小学校
柏木小学校
希望ヶ丘小学校
甲南第二小学校
甲南第三小学校
甲賀中学校
水口高校
MIHO美学院中等教育学校
近江八幡市
北里小学校
八幡東中学校
八幡商業高校
東近江市
八日市北小学校
愛東中学校
八日市養護学校
彦根市
稲枝西小学校
彦根東中学校
鳥居本養護学校
彦根東高校
彦根総合高校
米原市
河南中学校
双葉中学校
東草野中学校
米原中学校
長浜市
長浜北中学校
長浜東中学校
木之本中学校
高島市
今津中学校
蒲生郡日野町
必佐小学校
愛知郡愛荘町
愛知中学校

*平成21~平成31年の11年間
*当指導センターでは、滋賀県教育委員会の生涯学習課と連携し、 出前授業を「学校支援メニュー」として提供しております。

◇滋賀県学習情報提供システム「におねっと」

生活衛生営業指導センターのご案内

生衛法と生衛組合等のご案内

絵でみる私たちの生衛業

支えられて60年「私たちと生衛法」

生衛業の皆様へ☆組合加入のおすすめ

生衛業向け 生産性&効率アップ必勝ガイド

ピックアップ

  • 営業約款Sマーク
  • 滋賀県防災ポータルサイト
  • 生衛業の飲食店や理美容などの消費者コールセンター
  • 生活衛生協会

生活衛生同業組合

  • 公益財団法人
    滋賀県生活衛生営業指導センター

    〒520-0806
    滋賀県大津市打出浜13-22
    滋賀県生活衛生会館
    TEL:077-524-2311
    FAX:077-521-5440
  • このサイトに掲載の画像及び記事の無断転載はお断りします。
  • プライバシーポリシー

PAGE TOP