安心・信頼・いいお店くらしの中の生衛業

■ PHOTOギャラリー

ホットトピックス

生衛業の出前授業を実施中です!

当指導センターでは生衛業の職場体験や後継者育成等を目的に、県下の小中高校等で出前授業(出前インターンシップ)を実施しております。

令和6年度上半期は、7月までに次の5校で実施しました。(1校は実施予定)

当該事業は、各生衛組合から推薦された生衛業の指導的立場にある「生衛業就業支援アドバイザー」の方々の協力を得て、実演や体験授業を実施しています。

◇令和6年上半期
  • ・6月14日 米原市立・河南中学校 2年生17人(指導センター講話)
  • ・6月17日 豊郷町立・日栄小学校 6年生36人(指導センターと美容業)
  • ・6月24日 大津市立・富士見小学校 6年生68人(指導センターと理容業)
  • ・6月26日 野洲市立・篠原小学校 2年生28人(指導センターとすし業)
  • ・7月8日 栗東市立・治田東小学校 6年生81人(指導センターと美容業)
  • ・7月25日(予定) 滋賀県立・ろうあ学校4~6年生5人(指導センターとすし業)
◇上記の授業内容
【指導センターより講話等】
・「仕事とあいさつと接客」の話(谷本義廣専務理事)
・生衛業と衛生の話ならびに手洗いチェッカーを使った「手洗い実習」(原田浩之指導員)
【各生衛組合より実演と体験】
・美容業の実演と体験(中垣拓磨・中垣沙織アドバイザー)
・理容業の実演と体験(小菅利裕・小出卓行・小出早苗・長澤慶高・田中大督アドバイザー)
・すし業の実演と体験(上田容弘・廣瀬吉徳アドバイザー)

◇富士見小学校生徒さんからの意見

◇富士見小学校生徒さんからの理容師さんへのお礼の手紙

◇富士見小学校生徒さんからのお礼の写真

河南中学校・あいさつと接客の話(谷本講師)

河南中学校・生活衛生営業と衛生の話(原田講師)

日栄小学校・あいさつと接客の話(谷本講師)

日栄小学校・美容の実演(中垣講師)

富士見小学校・理容の話(小菅講師)

富士見小学校・理容の体験

富士見小学校・理容の体験

篠原小学校・すし業のお話(上田講師)

篠原小学校・すし業の実演(廣瀬講師)

篠原小学校・すし業の体験(上田講師)

治田東小学校・美容の実演(中垣拓磨講師)

治田東小学校・美容の実演(中垣沙織講師)

本気でカフェを開きたい方を応援します!「滋賀カフェの学校」

立命館大学びわこ・くさつキャンパスの学生で、将来カフェを開業したい、新規開業の勉強をしたい方を対象として、立命館大学、日本政策金融公庫大津・彦根支店、滋賀県喫茶飲食業生活衛生同業組合、当指導センターの共催で開催します。本年の参加者は18名をすでに決定しております。短期間ですが、基本講義と実習(模擬営業体験3日間)により、必要な知識を学び、実店舗においてカフェの運営や経営等の体験ができるという産学共同の実践型学校です。
◇開催日

●講義
令和6年8月1日(木)10:00~17:00

●営業体験
9月14日(土)~9月16日(月)の3日間

◇会 場

●講義会場
立命館大学びわこ・くさつキャンパス(草津市野路東1−1−1)

●実習(店舗運営)会場
ブランチ大津京のチャレンジショップ「ムスラボ」(大津市二本松1−1)

◇講 師

●武田経営研究所 代表 武田秀一 氏

◇具体的な実施内容

◇昨年の様子(写真)

全額経費として計上できる飲食費が1人あたり10,000円に拡大されました

税制の改正により、令和6年(2024年)4月から交際費課税の「特例措置」が3年間延長になりました。さらに、生活衛生同業組合が要望しておりました、損金算入できる交際費対象外の飲食費枠が約20年ぶりに5,000円から10,000円に無倍増されました。これにより、会社・企業が経費扱い(損金算入可能)として、従来は5,000円までとした飲食費の内規等を1万円に増額することにより、会社の接待利用が広がり、生衛業飲食関係の収益向上が期待できます。

◇詳しくは

令和6年度の滋賀県生活衛生大会が開かれました

令和6年6月10日(月)、草津市の「ホテルボストンプラザ草津 びわ湖」において、一般社団法人滋賀県生活衛生協会(玄田宗七理事長)が主催する「令和6年度滋賀県生活衛生大会」が開催されました。大会には、知事代理の山田県健康医療福祉部長、県議会より有村議長、衆議院議員の上野協会顧問(代理)、衆議院議員の大岡協会顧問(代理)、県会議員の奥村協会顧問、滋賀県生活衛生課から長宗課長、長坂課長補佐、益田主任技師、県食品衛生協会の山本副会長、日本政策金融公庫から桶土井大津支店事業統括、富森彦根支店事業統轄、滋賀県共済協同組合の上野専務理事をはじめ、多くの来賓の出席があり、また、各生活衛生同業組合の代表として正副理事長ら幹部が出席しました。大会では、本年度の滋賀県知事表彰、生衛協会理事長表彰が実施された後、令和6年度の生衛大会活動方針ならびに当指導センターや各生衛組合の活動方針が発表され、最後に、本年度の生衛業界の共通スローガン「安心・信頼・いいお店 くらしの中の生衛業」が採択され、盛会裏に終了しました。

協会理事長挨拶
知事表彰①
知事表彰②
生衛協会長表彰
後継者育成事業協力組合への感謝状
表彰受賞者謝辞
知事祝辞
県議会議長祝辞
生衛協会顧問祝辞
日本政策金融公庫大津支店長祝辞
大会共通スローガン
生衛大会風景
生衛大会

「繁盛店のつくり方」について研修会を開催します

滋賀県内の生衛業者の方を対象として、日本政策金融公庫と共催で経営研修会を開催します。受講をご希望される方は下記まで申し込み下さい。一般県民の方で関心のある方もぜひご参加下さい。
と き
令和6年7月1日(月) 午後2時~3時
ところ
キラリエ草津 4階 401会議室
草津市大路2−1−35 TEL077−561−7700
テーマ
「繁盛店のつくり方〜あの店はなぜ客が絶えないのか〜」
講 師
武田経営研究所 代表 武田秀一
定員等
60名(先着順)、受講料は無料
申込先
e−mailは、shigacenter@seiei.or.jp
TELは、077−524−2311
(前日までにメールか電話でお名前・人数・電話番号を連絡下さい)
主 催
公益財団法人 滋賀県生活衛生営業指導センター
共 催
日本政策金融公庫大津支店・彦根支店

講師の武田先生

昨年の研修会より

旅館業の営業者の皆様へ 事業譲渡に関する手続きが整備されました

令和5年(2023年)12月13日に施行された改正旅館業法により、旅館業の事業譲渡の手続きが簡略化され、譲渡人は、承認手続きをすることで、新たな許可を取得せずに営業者の地位を承継できるようになりました。ただし、営業者の地位を承継した場合、6カ月以内に少なくとも1回調査を受ける必要があるので注意が必要です。

分野調整協議会を開催しました

令和6年3月11日(月)、大津市の「琵琶湖ホテル」会議室「ホワイト」において滋賀県分野調整事業協議会を「予備連絡会」として開催し、県内における大規模マンション建設による影響、人口減少による生衛業への影響や、県内の生衛業の動向、飲食業の倒産動向、滋賀県内における生衛業への新型コロナの影響、原油高における浴場業の取組みや、理容業の社会貢献への取組み等について情報交換を中心に協議しました。

<出席者> 長坂課長補佐、益田主任技師(滋賀県生活衛生課)、小沢委員長(立命館大学教授)、宇野副委員長(滋賀県中小企業団体中央会専務理事)、廣瀬委員(滋賀県商工会議所連合会専務理事)、上村委員(滋賀県女性団体連合会会長)、山本委員(滋賀県健康推進員団体連絡協議会会長)、片岡委員(滋賀県クリーニング生衛組合理事長)、上田委員(滋賀県すし・料理生衛組合理事長)、宇野委員(滋賀県理容生衛組合理事長)、センター谷本専務理事、山本経営指導員、原田経営指導員

協議会の様子

申告書の作成は国税庁のホームページがおすすめです

滋賀県内各地区の巡回相談会場・研修会のお知らせ

当指導センターでは、令和5年度も経営相談員会各支部と共催で県内の生衛業者を対象として、別表の日程で地区ごとに巡回相談と研修会を実施いたします。ぜひお越し下さい。
◇研修会
  • ①経営研修  講師 各中小企業診断士(50分)
    「感動を呼ぶサービスでリピートされる店づくり」
  • ②税務研修 講師 指導センターの山本顧問税理士(40分)
    「令和5年税制改正と電子帳簿保存について」

※会場により研修内容や時間が異なる場合がございます。

◇個別相談会(30分)
経営相談(中小企業診断士)、税務相談(税理士)、融資相談(経営指導員、経営相談員)

*高島、大津会場は別内容で衛生講習会等を併催

◇巡回相談と研修会の予定表

生衛貸付の推進について日本政策金融公庫と協議しました

令和5年11月17日、大津市の琵琶湖ホテル会議室「ローズ」で、生衛業の融資相談支援等のための連絡協議会を開催しました。この協議会は日本政策金融公庫大津・彦根支店、当指導センターならびに滋賀県生活衛生協会の共催で、各生活衛生同業組合理事長および事務局職員、経営特別相談員など28名が出席し、県内の生衛貸付の状況等について公庫両支店の融資課長から説明を受けるとともに、全国センターの石井指導調査部研究員から「衛経ならびに生衛貸付の推進について」熱心に協議しました。

<11/17出席者>滋賀県生活衛生課(長宗課長、川副主任技師)、日本政策金融公庫大津支店(桶土井支店長・山本融資課長)、彦根支店(富森支店長、谷口融資課長)、全国生活衛生営業指導センター(石井指導調査部研究員)、片岡指導センター理事長、松本生衛協会副理事長、滋賀県各生活衛生同業組合理事長、各経営特別相談員、指導センター経営指導員(計28名)
会場風景
片岡 指導センター理事長
長宗 県生活衛生課長 
桶土井 公庫大津支店長
富森 公庫彦根支店長
石井 全国生活衛生営業指導
センター指導調査部研究員

インボイス等について大津税務署との税務研修会を開催しました

令和5年11月15日、大津市の琵琶湖ホテル会議室におきまして、滋賀県生活衛生協会と滋賀県生活衛生営業指導センターの共催で、県内主管税務署である大津税務署との税務研修会(通算46回目)を開催し、R5年10月から始まった「インボイス制度」に引き続き、R6年1月以降に電子取引データをデータのまま保存することが求められる「電子帳簿保存法」について熱心に研修しました。

<出席者>大津税務署〔今井副署長、中村税務広報広聴官、石井個人課税第一部門統括国税調査官、小倉個人課税第一部門記帳指導推進官〕、指導センター山本顧問税理士、松本生衛協会副理事長、片岡指導センター理事長、滋賀県理容生衛組合役員、滋賀県美容生衛組合役員、滋賀県旅館ホテル生衛組合役員、滋賀県すし料理生衛組合役員、滋賀県喫茶飲食生衛組合役員、滋賀県食肉生衛組合役員、滋賀県クリーニング生衛組合役員、滋賀県興行協会役員、滋賀県社交飲食生衛組合役員、指導センター経営指導員(計24名)
生衛協会の松本副理事長
大津税務署の今井副署長
研修会場の様子

11月11日〜17日までの1週間は『税を考える週間』です

滋賀県警からサイバーセキュリティに関するお知らせ

令和5年上半期におけるサイバー空間の脅威情勢について

警察庁では、定期的にサイバー空間の脅威情勢を示す指標や事例をレポート形式で公表しています。先日、令和5年上半期における脅威情勢が発表されましたので、その概要をお伝えします。
(滋賀県警察本部 サイバー犯罪対策係 077-522-1231)

全国飲食チェーン店デザイン数日本一のデザイナーとロンドン在住50年のコンサルタントのお話を聴きませんか!

全国生活衛生営業指導センター(大森利夫理事長)では、例年、飲食店や理美容室等の生衛業経営者を主なる対象として「生衛業経営セミナー」を実施しています。この10月には「滋賀会場」として、当指導センターの協力により、全国飲食チェーン店のデザイン数日本一を誇るデザイナー「大西良典氏」、また、英国ロンドン在住50年の教育コンサルタント「佐藤幸夫氏」、ならびに全国指導センター専務理事「伊東明彦氏」を講師として開催いたします。生衛業経営の皆様には必見です。参加希望される方は下記までお申込み下さい。一般県民の方もご聴講いただけると幸いです。
◇と き

令和和5年10月30日(月)午後1時10分~4時

◇ところ

琵琶湖ホテル(大津市浜町2-40)TEL077-534-7111

◇テーマ

①「生衛業および生衛組合の再興に向けて」
講師 全国生衛指導センター 専務理事 以東明彦 氏

②「大手チェーン店には負けないこれからの個人店舗の
経営方法」
講師 オルデザイン(株) 代表取締役 大西良典 氏

③「イギリスではお客は神様じゃない!?
〜ビジネスの公平性を考える〜」
講師 英国教育コンサルタント 佐藤幸夫 氏  

◇受講料
無料
◇申 込
下記の申込書をFAXで送付ください
FAX 077-521-5440
shigacenter@seiei.or.jpへのメールでも可)
◇主 催
(公財)全国生活衛生営業指導センター
TEL 03-5777-0341
◇協 力
(公財)滋賀県生活衛生営業指導センター
TEL 077-524-2311
◇その他
定員100名(先着順)

◇くわしくは

◇セミナー申込書

「滋賀カフェの学校」成功裏に終えることができました

令和5年8月1日から立命館大学びわこくさつキャンパスにおいて、日本政策公庫による「飲食店開業に伴う融資制度」、当指導センターによる「食品営業許可の話」、経営コンサルタント武田先生による「カフェ開業講座」について講義が行われました。参加者は早速、ミーティングを行い、店長・副店長や厨房での料理担当係、メニュー開発係、広報係など各自の役割分担を自主的に決めて、8月の一か月間で開店に向けての準備をしました。

8月31日にはオンラインで「店舗運営に際してのお店のコンセプト、メニュー、食材仕入れ、人員シフト、その他準備等」について武田先生から講義とチェックが行われました。

いよいよ9月15日から18日の4日間は、店舗運営の実習を大津市のブランチ大津京「ムスラボ」で一般の方を対象として営業しました。

事前の入念な準備もあり、全日を通じて小さな問題は続出しましたが、大きなトラブルになることはなく、全員の協力により順調に実習を終えることができました。また、メインメニューの「おにぎりとチキンソテー」や各種スイーツも大変好評で、4日間を通じて150人以上の一般来客があり、成功裏に終了することができました。

参加者たちは今回の飲食店運営を体験して、「今さらながら人と協力してひとつのことを実施していくことの大切さを知りました」、「飲食店運営の大変さを思い知らされましたが、終了した時の感動は忘れられません」、「店舗運営を通じて、実社会の厳しい一端を思い知らされるとともに、将来に開業する時の土台づくりになりました」、「普段の授業やアルバイトでは決して経験できないことを学べたことはとても大きな収穫です」等の感想でした。

今回のことは、立命館大学と日本政策金融公庫、滋賀県喫茶飲食業生活衛生同業組合そして当指導センターの連携が大変うまくできたものと自負しております。コンサルタントの武田先生、立命館大学食マネジメント学部の小沢教授、日本公庫の桶土井大津支店長・富森彦根支店長、喫茶組合の井上理事長をはじめ多くの方々からきめ細かなサポートをいただき、本当にありがとうございました。そして何より「ゼロから始めるカフェ開業」を熱意と創意工夫でがんばった山田店長をはじめ19名の大学生の皆さん全員に心から敬意を表します。お疲れさまでした。

この事業を通じて、生衛組合や生衛貸付のPRそして後継者育成や産学連携等の取組ができ、所期の目的を達成することができました。

電子割引券「おおつ割」キャンペーンについて

長期化する原油価格及び原材料費の高騰等の影響を受けている大津市内の中小・小規模企業者及び消費者を応援するため、対象店舗(小売業・サービス業(飲食業除く))で利用できる最大3割引の電子割引券「おおつ割」を発行するキャンペーンが開催されます。

利用者は、「LINE」で電子割引券を取得し、市内の参加店舗での買い物やサービスに利用できます。例えば、4,000円の買い物に使用した場合、1,200円の割引を受けることができます。

☆対象となる業種・店舗
市内の小売業・サービス業(飲食業を除く)の店舗(中小・小規模企業者)
なお、参加登録の締切は9月10日ですが、9月11日以降も参加店を募集しています。

※9月11日以降のお申し込みの場合、キャンペーン開始(9月25日)以降に店舗登録が完了する見込みです。
なお、お申し込みのタイミングにより店舗登録完了時期が異なります。
☆キャンペーン期間
令和5年9月25日(月曜)~11月5日(日曜)予定
注:予算上限に達した場合、前倒しで終了します。また、予算状況により期間延長する場合があります。
☆キャンペーン参加・利用方法について
「LINE」から簡単に参加ができます。
詳しくは、キャンペーンサイトをご覧ください。
☆利用者の方へのサポート体制(令和5年9月25日~)
市内のau店舗と連携して利用者の方のサポートを行います。スマートフォン操作に慣れていない方を中心におおつ割の取得方法や操作手順等を店舗スタッフが案内いたします。(要予約)

対象店舗:au Styleフォレオ大津一里山、auショップ西大津、auショップ坂本、auショップ堅田、auショップ膳所、auショップ瀬田
☆キャンペーンに関するお問合せ
「おおつ割」事務局コールセンター
電話番号:0570-017002
FAX番号:077-562-8877
Eメール:otsu_wari@nta.co.jp

受付時間:9時15分から18時00分(9月~11月は土日祝も開設、8月は土日祝除く)

【利用者向けページ】

「新・しが割キャンペーン」(第3弾しが割)の参加店舗受付開始について(周知協力依頼)

物価高騰の影響を受ける滋賀県内の中小・小規模事業者の支援を目的として、令和5年11月6日(木)より「新・しが割キャンペーン」(第3弾)が開催されます。

キャンペーン開始に先立ち、9月14日(木)から参加店舗の募集が開始されています。

☆「新・しが割キャンペーン」の前回との主な変更点
●参加店の要件
法人については、「滋賀県内に本社を置いていること」が要件に追加となりました。
●事業実施期間
各利用期間の割引券発行枚数に上限が設けられていますので、キャンペーン期間が前倒しで終了することはありません
●割引券利用者を抽選により決定します。
割引券をご利用いただくには、事前に抽選申込が必要です。
●当選者には、購入額1,000円ごとに利用できる300円の割引券10枚1セット(計3,000円分)で発行します。(分割利用可)
●割引券の有効期間は、3週間です。
☆キャンペーン期間
令和5年11月6日(月)~令和6年2月18日(日)
☆エントリー方法

前回の「しが割」に参加された事業者の方も、参加申請が必要です。

オンライン
パソコンやスマートフォンから「しが割」ホームページへアクセスしてください
FAX
下記FAX番号に、指定の用紙をお送りください。
077-561-5310
※「しが割」事務局コールセンターへのお問い合わせは
0570-066-608(事業者向け)

11月は「生活衛生同業組合活動推進月間」です!

毎年11月を全国生活衛生同業組合中央会ならびに各生活衛生同業組合連合会等においては「生活衛生同業組合の活動推進月間」と定め、関係機関や関係団体の連携のもとに、生衛組合の周知広報や組合活動活性化のための取り組みを重点的に展開しておりますが、当県におきましても、滋賀県生活衛生協会ならびに当生活衛生指導センターもこれらの活動と連携し、生衛業の「衛生水準の確保・向上を図るための各種事業」を実施いたします。

<重点活動項目>

  • ① 衛生基準の遵守に向けた生衛業者による自主点検活動等の衛生活動の推進
  • ② 生衛組合に関する広報・啓発活動の推進
  • ③ 生衛組合を中心としたネットワークの拡充
  • ④ 若手・後継者等の人材育成及び若手による組合活動の活性化
  • ⑤ 事業者、消費者及び行政等の関係機関による連携・対話の推進

感染対策について熱心に研修

生衛業における新型コロナウイルス感染症対策等についての研修会を令和5年9月11日(月)午後1時30分から、草津市の「キラリエ草津」研修室で開催しました。当日は、当指導センター内に設置しております経営特別相談員をはじめ各生活衛生同業組合の役員等の出席のもと、次の内容で大変有意義な研修会になりました。

  1. 1.滋賀県の感染症発生動向
  2. 2.感染対策の考え方
  3. 3.感染対策

「感染予防とは感染する可能性を低下させることであり、基本的な対策を実施することが最も効果的で、対策の効果は複数の対策の相乗効果です(当日の小林講師の話より抜粋)」

◇「生活衛生関係営業の感染対策」について詳しくは

研修の様子

研修会場

講師の小林先生

クリーニング業の皆様へ 法定の令和5年度クリーニング師研修と業務従事者講習のお知らせ

従来の出席して受講する研修・講習(1型)と業務の関係や遠隔地などで受講が難しい方のための通信制(2型)があります。

《出席して受講する研修・講習(1型)》

受講者が研修・講習に出席し、科目を受講する従来からの研修・講習です。

○クリーニング師研修(1型)
受付開始年月日
 2023年9月25日(月)
受付締切年月日
 2023年10月6日(金)
開催年月日
 2023年10月22日(日)
会場
 彦根勤労福祉会館たちばな
 (彦根市大東町4-28)

○クリーニング業務従事者講習(1型)
受付開始年月日
 2023年10月30日(月)
受付締切年月日
 2023年11月10日(金)
開催年月日
 2023年11月26日(日)
会場
 彦根勤労福祉会館たちばな
 (彦根市大東町4-28)

《通信制による研修・講習(2型)》

自宅などでテキストを使って受講し、一定期間内にレポートを提出する研修・講習です。

○クリーニング師研修(2型)
受付開始年月日
 2023年10月10日(火)
受付締切年月日
 2023年10月27日(金)
レポート提出締切年月日
 2023年11月29日(水)

○クリーニング業務従事者講習(2型)
受付開始年月日
 2023年11月13日(月)
受付締切年月日
 2023年12月1日(金)
レポート提出締切年月日
 2024年1月10日(水)

※研修・講習とも午後1時から開始
令和5年度の全国のクリーニング師研修・業務従事者講習の開催予定

問合せ先:公益財団法人 滋賀県生活衛生営業指導センター
〒520-0806 大津市打出浜13-22-201 TEL 077-524-2311

経営相談員会の令和5年度(第50回)の定期総会を開く

当指導センター内に設置しております滋賀県生活衛生営業経営相談員会(宮城豊治郎会長)の第50回定期総会を、令和5年7月3日(月)に大津市のピアザ淡海 会議室において開きました。来賓として滋賀県生活衛生課の長宗課長、川副主任技師、日本政策金融公庫大津支店の桶土井事業統轄、同じく彦根支店の谷口融資課長、宇野理容生活衛生同業組合理事長、前川旅館ホテル生活衛生同業組合理事長、岡山食肉生活衛生同業組合理事長、廣瀬すし・料理生活衛生同業組合副理事長の出席をいただきました。議長には小西基晴相談員が選任され、議事は事業報告、予算計画および役員改選等について慎重審議のうえ可決決定しました。

総会風景
宮城経営相談員会会長
長宗生活衛生課長
玄田生衛協会理事長
桶土井公庫大津支店統括
片岡指導センター理事長

滋賀で本気でカフェを開きたい方、応援します!「滋賀カフェの学校」

カフェを新規開業したい方、新規開業の勉強をしたい方等を対象に、立命館大学、日本政策金融公庫大津・彦根支店、滋賀県喫茶飲食業生活衛生同業組合、滋賀県生活衛生営業指導センターの共催で、「滋賀カフェの学校」を開催いたします。基本講義と実習(模擬営業体験3日間)により必要な知識を学び実店舗においてカフェの運営や経営等の体験ができるという実践型の学校です。大学生はもちろんのこと、一般県民でご興味のある方も問い合わせ下さい。
◇開催日

●講義
令和5年8月1日(火)10:00~17:00

●営業体験
9月15日(金)~9月18日(月)の3日間

◇会 場

●講義会場
立命館大学びわこ・くさつキャンパス
「インテグレーションコア・ラルカディア」R306教室
(草津市野路東1−1−1)

●実習(店舗運営)会場
ブランチ大津京 チャレンジショップ「ムスラボ」
(大津市二本松1−1)

◇講 師

●武田経営研究所 代表 武田秀一 氏

◇対象者
全日程にご参加いただける方
定員20名(先着順)、参加料は無料です
◇申 込
別添の参加申込書にご記入のうえFAX(077−521−5440)で送付下さい

◇くわしくは

◇具体的な実施内容

◇実施予定表

滋賀「びわメシ」創造 学生コンテスト にご応募ください

滋賀県喫茶飲食業生活衛生同業組合では、本年11月に開催する第66回全喫連・びわ湖大津大会を記念して、滋賀県内の飲食店でご当地メニューとして提供できる「びわメシ」を考案し、提供することを目指しております。応募資格は、県内在住または通学している高校生、大学生です。ぜひご応募ください。入選の表彰式はびわ湖津大会でおこなわれ、優勝者には近江牛のステーキが贈られます。当センターも日本政策金融公庫とともにこ事業を共催いたしております。

◇募集要項や応募方法など詳しくは

◇第66回全喫連・びわ湖大津大会の概要は

滋賀県警からサイバーセキュリティに関するお知らせ

DDos攻撃への対策について
今回は、最近のDDos攻撃に見られる特徴と対策を掲載させていただきました。日頃行われておられサイバーセキュリティ対策の参考にしていただきたいと思います。

(滋賀県警察本部 サイバー犯罪対策係 077-522-1231)

◇DDos攻撃への対策について

令和5年度の滋賀県生活衛生大会が開かれました

令和5年6月5日(月)、大津市の「びわ湖大津プリンスホテル」において、一般社団法人滋賀県生活衛生協会(玄田宗七理事長)が主催する「令和5年度滋賀県生活衛生大会」が開催されました。大会には、知事代理の大岡県健康医療福祉部長、県議会より奥村議長(協会顧問)、衆議院議員の上野協会顧問(代理)、衆議院議員の大岡協会顧問(代理)、滋賀県生活衛生課から長宗課長、長坂課長補佐、川副主任技師、県食品衛生協会の山本副会長、日本政策金融公庫から桶土井大津支店事業統括、富森彦根支店事業統轄、滋賀県共済協同組合の上野専務理事をはじめ、多くの来賓の出席があり、また、各生活衛生同業組合の代表として正副理事長ら幹部が出席しました。大会では、本年度の滋賀県知事表彰、生衛協会理事長表彰が実施された後、令和5年度の生衛大会活動方針ならびに当指導センターや各生衛組合の活動方針が発表され、最後に、本年度の生衛業界の共通スローガン「安心・信頼・いいお店 くらしの中の生衛業」が採択され、盛会裏に終了しました。

協会理事長挨拶
知事表彰
知事祝辞
県議会議長挨拶
日本政策金融公庫大津支店長挨拶
共通スローガン
生衛大会風景① 
生衛大会風景②

令和5年5月8日から新型コロナウイルスの感染法上の位置付けが変わります。

【位置付け変更後の療養期間の考え方】

  • 1. 国から、一律の外出自粛は要請されません
  • 2. 個人や事業所が判断できるよう、これまでの分析結果や諸外国の事例を踏まえて次の対応が推奨されます。
    • 発症後5日間を経過し、かつ、症状軽快から24時間経過するまでの間は外出を自粛する。
    • その後も10日間が経過するまでは、マスクの着用ハイリスクの方(高齢者や既往歴のある方)との接触は控えていただく
  • 3. 新型コロナ患者の「濃厚接触者」として、保健所から特定されることはありません。
    また、「濃厚接触者」として外出自粛を求められることもありません。

【参考】

自主点検報告

せいえい経営支援ポータルサイト

生活衛生営業指導センターのご案内

生衛法と生衛組合等のご案内

絵でみる私たちの生衛業

支えられて60年「私たちと生衛法」

生衛業の皆様へ☆組合加入のおすすめ

ピックアップ

  • 写真で見せる指導センター歳時記
  • 営業約款Sマーク
  • 滋賀県防災ポータルサイト
  • 生衛業の飲食店や理美容などの消費者コールセンター
  • 生活衛生協会

生活衛生同業組合

  • 公益財団法人
    滋賀県生活衛生営業指導センター

    〒520-0806
    滋賀県大津市打出浜13-22
    レジェイド大津ラグゼ2F 201
    TEL:077-524-2311
    FAX:077-521-5440
  • このサイトに掲載の画像及び記事の無断転載はお断りします。
  • プライバシーポリシー

PAGE TOP